賃貸経営するならマンション管理会社に頼ったほうがいい

女性

オーナー目線のリスク管理

男の人

安心を得るために

一括借り上げとは、リスク管理のためにオーナーが所有するマンションやアパートなどの投資用不動産を不動産会社が借り上げ、他に転換して利益を確保することをいいます。オーナーからすると不動産会社が借り上げてくれるので空室の心配はありません。空室が出ることや続くことにはリスクや不安が伴いますからね。一方で、直接入居者に部屋を貸し出す際の家賃に比べて、一括か利上げ時の不動産会社からの保証家賃は低くなる制度ではあります。賃貸物件の所在地によっては、そもそも一括借り上げをしない方が安定的に賃料を確保できるという側面もあるものなのです。例えば関東、特に東京23区内のような大都市圏でなら長い目で見ても賃貸需要が見込める立地に不動産があることが多いので、必ず一括借り上げを利用することもないということになります。

オーナーの不安解消へ

賃貸物件を建て経営する上で、需要が高いであろう地域・土地に不動産を建てることで、安定して収益をあげるための鉄則です。ですが、時代の流れや変化によっては、その土地での入居者が減ってしまうこともなくはないでしょう。そういった時に助けてもらうために利用します。不動産会社が一括して借り上げてくれることは、権利や所有者はオーナーでありますが契約中の実質的な経営や管理、建物の清掃や定期メンテナンス、入居者の募集や入退去の手続きも代行してくれる利点もあります。また一括借り上げを行う不動産会社によっては、入居者が退去後のリフォーム工事費用が無料の会社もあります。これはとてもありがたいサービスですよね。空室リスクを避けることができ、安定収入を得て管理の手間も省けることから一括借り上げを利用するオーナーは多いのでしょう。