賃貸経営するならマンション管理会社に頼ったほうがいい

硬貨を積む人

なぜ今投資が必要なのか

マンション

マイナス金利の導入も現実味をおびている今は、投資をすることは正しい手段と言えます。中でも投資用マンションの購入は、家賃収入だけではなく、資産価値の向上を図ることもできますので、理にかなった投資と言えます。

読んでみよう

不動産投資は簡単です

積み木と紙幣

マンション投資はリスクの少ない投資ですので、誰でも気軽に始めることが出来ます。また資産形成をするために、高い利回りを期待出来ますし、物件の減価償却による節税効果も期待出来ますので、マンション投資をすることは、賢い選択と言えます。

読んでみよう

オーナー目線のリスク管理

男の人

オーナーが不動産会社と一括借り上げ契約を結び利用することで、空室リスクをなくし安心して資産運用できるように不動産会社が協力してくれます。様々な管理の手間も省け、実質的経営を任せるともいえますね。必ず契約するということではなく、立地や状況に応じて一括借り上げ契約を締結すると良いでしょう。

読んでみよう

マンション経営のコスト

集合住宅

賃貸マンションを経営するときに契約をするのが仲介会社やマンション管理会社です。仲介会社とマンション管理会社は、同じ不動産会社がしている場合もあれば、別々の場合もあります。具体的には仲介会社はインターネットやチラシ、情報誌などに広告を出し、入居者を代わりに探してくれる会社です。マンション管理会社はマンションの設備保守、掃除、住民のクレーム対応、災害対策などをしてくれます。仲介会社もマンション管理会社も、必ずなければ賃貸経営ができないという訳ではないです。しかし、自分一人で賃貸マンションを経営するのは何かと大変です。専門的な知識や経験、ノウハウを持つ人たちに任せたほうが、ずっと効率的で楽になります。

仲介会社の収入源は、仲介手数料です。仲介手数料は、借り主が見つかり、借り主とマンションオーナーとの間で賃貸借契約を結んだ時点で発生します。仲介手数料の上限は、「マンション家賃1ヶ月分+消費税」と決まっています。本来であれば、借り主とマンションオーナー両方が折半するものですが、借り主が全額負担するのが慣習となっています。マンション管理会社に支払うのが管理手数料です。管理手数料は、マンション管理会社に管理を任せている時点で発生します。マンションに入居者がいるいないに関わらず、管理手数料は必要です。ただし、仲介会社とマンション管理会社が一緒の場合は、仲介手数料か管理手数料、どちらか一方が安くなったり、ゼロになったりする場合があります。